ドキュメンタリー@Nスペ 社会 見逃し配信と全話イッキ見無料動画まとめ

最新の配信をを見逃した...最新話の配信動画を無料で観たい...
こちらの記事では過去作から最新話を無料視聴する方法を紹介します。
最新配信を無料で素早く視聴するなら、最速配信の「U-NEXT」がオススメ

お試し期間中に解約をすれば一切追加料金が掛かることはありません

配信サービス 無料期間 お試し期間中0円
U-NEXTは最速配信 31日間
主要配信サービス

お試し31日間

視聴する

お試し31日間

視聴する

お試し31日間

視聴する

お試し31日間

視聴する

お試し期間中に解約をすれば一切追加料金が掛かることはありません

※現在2020年の情報を参照させて頂いております。 番組配信、配信スケジュールに関しましては、動画配信元に直接お問い合わせの上、ご確認頂きますよう宜しくお願い致します。

新着配信や無料配信を見るときの注意点

無料動画や無料配信などで検索すると色々なサイトが見つかると思います。もしかすると、何も警戒もせずに利用している方もいるかもしれません。実は、その様な無料動画サイトの中には、とても危険な動画サイトが潜んでいるんです。

個人情報の流出の危険性

無料動画サイトの中でも違法アップロードをするサイトはウイルス感染や個人情報が抜き取られる危険性があります。以下のサイトは危険なサイトなので注意しましょう。

違法サイト リスクと被害報告例
Dailymotion

個人情報の漏洩:スキミングやトロイの木馬などのコンピューターウィルスの感染により個人情報が漏洩

詐欺被害:高額なサイト利用料を請求され、応じなければ脅迫行為に出るなどの被害が多数出ている。

スマホが破損:違法サイトにアクセスした後にスマホがクラッシュし破損した。

画質が悪く、全話見れない:アップロードしした動画に依存するため粗悪な動画が多い
Pandora
GOGOアニメ
B9
Nosub

違法アップロードは刑事罰⁉

無料で動画をアップロードする事は著作権などの侵害になり刑事罰の対象となります。 軽い気持ちでアップロードはしない様にしましょう。

無料動画サイトを見て、実際に被害も出ている?!

ツイッターでGOGOアニメDailymotionを使った為に被害にあった方もいるので紹介します。

アナタの個人情報が 狙われています‼

違法アップロードサイトは要注意‼無料動画サイトを閲覧する時は違法性のあるサイトは避け、安心安全に視聴できる動画配信サイトを選ぶのが大切です。いつも使っているから大丈夫と過信せず充分注意してトラブルに巻き込まれないようにしましょう。

安全に最新、見逃し配信を視聴するには?

今すぐ「お試し体験」が出来ます ▼▼今すぐ体験▼▼

配信元 \ 期間内解約金ゼロ /
U-NEXTで今すぐ観る 31日間2,189円~/月 今すぐ配信を観る
huluで今すぐ観る 2週間1,026円~/月 今すぐ配信を観る
d'TVで今すぐ観る 31日間550円~/月 今すぐ配信を観る
FODで今すぐ観る 2週間976円~/月 今すぐ配信を観る
TSUTAYAで今すぐ観る 30日間1,026円~/月 今すぐ配信を観る

NHKスペシャル 巨大旅客機誕生 ~大競争時代・そこに日本の技術あり~

2005年春、エアバス社はヨーロッパの威信をかけて、史上初の総2階建て、客席・最大850人という世界最大のジェット旅客機「A380」を完成させます。一方、アメリカのボーイング社は徹底した軽量化とコストダウンを追及した中型旅客機「ボーイング787」の開発を進めていました。日本の先端技術をも巻き込んだ激しい覇権争いが続く、欧米の旅客機開発競争の現場に迫ります。2005年9月放送。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 鬼太郎が見た玉砕 ~水木しげるの戦争~

青年時代、二等兵としてラバウル戦線で過酷な日々を送った漫画家・水木しげる。昭和40年代に『ゲゲゲの鬼太郎』で脚光を浴びますが、戦争の現実と目の前で死んだ戦友たちの無念さを作品にしたいと思っていました。昭和48年(1973)、その思いを結実させた自伝戦記漫画『総員玉砕せよ!』を発表。ドラマで戦争体験を漫画化しようともがく水木と分身の主人公・丸山二等兵の姿を交差させながら描きます。主演は香川照之。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 金融危機1年 世界はどう変わったか

リーマンショック当初、マネー資本主義の見直しが叫ばれました。1年の間に、ばく大な公共投資や低金利政策が行われ、2009年、世界の様相は変わりつつあります。震源地のアメリカではヘッジファンドが再び息を吹き返し、中国は新たな金融秩序を構築し、世界経済の主導権を握ろうという構えです。そして、日本はアメリカに代わる新興市場への傾斜を強めています。世界はどう変わったのか?経済・金融の状況をリポートします。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 権力の懐に飛び込んだ男 100日の記録

「誰もが平等に尊厳を大切にされる社会」を理想に掲げ「年越し派遣村」の村長をつとめるなど、ホームレス支援を続ける湯浅誠氏。在野で活動してきた彼が、2009年秋、内閣府の参与となり、緊急雇用対策本部「貧困・困窮者支援チーム」事務局長に就任しました。効果的な施策を実現させるため、行政の障壁と格闘する湯浅氏の100日に密着、自在に飛び回る姿を追いながら、新政権、官僚組織、地方自治体の実態も伝えます。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 生活保護 3兆円の衝撃

2011年、生活保護受給者が全国で200万人を超え、給付額は過去最多の年間3兆4千億円に上ります。背景には、リーマンショックを受け、厚生労働省が全国の自治体に65歳以下への支給を認めるよう促したことがあります。受給者が最も多い大阪市では、病気や高齢で働けない人を守るこの制度に働ける世代が流入して、ゆがみが生じています。景気回復が見えないなか、生活保護はどうあるべきか、非常事態の大阪を取材しました。

ChromeCast対応

NHKスペシャル キム・ジョンウン 北朝鮮 権力の内幕

2011年、北朝鮮でキム・ジョンイル総書記が死去すると、三男のキム・ジョンウン第1書記が新しい指導者になりました。北朝鮮はミサイルや核開発などで国際社会から批判されているにもかかわらず、強硬な態度を崩していません。韓国やロシアの当局者の証言から、北朝鮮の権力継承の舞台裏とキム・ジョンウン体制の行方を探ります。この番組は著作権上の制約等から、一部放送とは異なる箇所があります。ご了承ください。 

ChromeCast対応

NHKスペシャル 産みたいのに 産めない~卵子老化の衝撃

年齢と共に「卵子は老化」する。不妊原因の半分は男性側にあり、適切に治療すれば自然妊娠すら可能になる。世界では「常識」とされる知識が知られていない日本。6組に1組が不妊に悩み、不妊治療専門クリニック数、体外授精実施数ともに世界一の「不妊大国」だ。医療機関と不妊治療経験者への大規模アンケートや、クリニックへの密着取材から実態を解明。不妊を国家の課題として取り組む世界の事例も取材し、今何が必要か考える。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 終戦 なぜ早く決められなかったのか

太平洋戦争の勝敗はとっくに決していたにもかかわらず、日本はなぜもっと早く戦争を終えられなかったのでしょうか。NHKは英国の公文書館などで大量の未公開資料を発見しました。それによると、日本は本土決戦が不可能なことを認識していながら、決断できなかった実態がわかってきました。情報を共有せず、決定責任を回避しあっていた指導者の実態に迫ります。平成24年度文化庁芸術祭 テレビ・ドキュメンタリー部門 優秀賞

ChromeCast対応

NHKスペシャル 終(つい)の住処(すみか)はどこに 老人漂流社会

高齢者が自らの意志で「死に場所」すら選べない現実が広がっています。独り暮らしで体調を壊しても満床で病院や介護施設に入れない「死に場所」なき高齢者は、数か月おきに一時的に預かる施設を漂流し続けています。年をとって周囲に迷惑をかけるだけの存在になりたくないと、高齢者は同じようにつぶやき、そしてじっと耐え続けています。高齢者が尊厳を持って生きられる社会をどう実現するのか、考えていきます。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 自衛隊と憲法 日米の攻防

発足からまもなく60年を迎える自衛隊。今、自衛隊の海外派遣をめぐる機密資料が、日本とアメリカで相次いで開示されている。湾岸戦争、PKO、北朝鮮ミサイル危機、イラク派遣…。自衛隊がこの20年、どのような議論の中で運用されてきたのか、その内実を物語る機密資料である。見つかった機密資料と当時者たちの証言から、自衛隊をめぐる知られざる“攻防”を見つめる。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 知られざる脱出劇~北朝鮮・引き揚げの真実~

終戦直後、北朝鮮にいた日本人はおよそ30万人。その多くが、危険な北緯38度を自力で突破し、北朝鮮から脱出するという悲惨な事態に追い込まれ、多くの人が亡くなった。なぜ、自力で北朝鮮を脱出しなければならなかったのか? 日本や海外の最新の研究や新発見の資料から、事態を悪化させた関係各国の冷徹な論理や、その中で懸命に生きようとした人々の知られざる物語が浮かび上がってきた。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 従軍作家たちの戦争

「麦と兵隊」で知られる作家・火野葦平の従軍手帳が解読され、日中戦争から太平洋戦争にかけての陸軍のメディア戦略が明らかになった。中国のプロパガンダに対抗し、火野を報道班に引き抜いた陸軍は、さらにペン部隊を組織。南方にも徴用作家を送り、占領地の宣撫(せんぶ)工作にあたらせた。火野はフィリピンで捕虜の再教育に尽力するが、インパール作戦で軍の方針に疑問を抱く。火野の従軍手帳を軸に、作家の戦争協力を描く。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 原発テロ~日本が直面する新たなリスク~

福島の事故後、世界は「電源を断たれるだけで原発テロが起こされる」と危機感を強める。警備の強化、内通者を防ぐ身元調査の徹底、テロが起きる前提で放射能汚染下に投入する部隊の養成も始めた。日本も警備部隊を強化、身元調査導入の検討を始めた。原子力の平和利用を掲げてきた日本は、「原発テロ」対策をどこまで行うべきなのか、現場からの報告。放送以外の配信の許諾が得られなかったため、一部映像を編集してお伝えします。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 水爆実験 60年目の真実~ヒロシマが迫る“埋もれた被ばく”~

第五福竜丸以外の漁船員も被ばくしていたのではないか。長年、原爆被爆者の研究を行ってきたヒロシマの科学者たちがこの疑いに挑み、当時、太平洋ビキニ環礁周辺で操業していた20人以上の歯や血液から、被ばくの痕跡を探す。さらに、国が存在しないとしてきた、第五福竜丸以外の漁船員たちの被ばくの可能性を示す資料を入手。東西冷戦による核開発競争の陰で埋もれてきた大規模被ばくの真実に迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 60年目の自衛隊~現場からの報告~

7月1日。政府は、これまでの憲法解釈を変更して、集団的自衛権の行使を容認することを閣議決定し、戦後日本の安全保障政策は大きな転換点を迎えた。同じ日、自衛隊は創設から60年を迎えた。隊員たちは、どのような思いでいるのか。国内外の訓練の現場などを取材。自衛隊が60年にわたって積み上げてきたものを明らかにしていく。 放送以外の配信の許諾が得られなかったため、一部映像を編集してお伝えします。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 狂気の戦場 ペリリュー~“忘れられた島”の記録~

2014年、米国で日米の激戦を記録した100本を超えるフィルムが見つかった。撮影地は日本から3200km離れたさんご礁の島ペリリュー。日本軍が初めて長期持久による徹底抗戦を行い、米軍は最新兵器で応酬。2万人近い死傷者を出したが戦いの詳細はほとんど語られずにきた。フィルムは恐怖や憎悪、絶望の中で日米兵士が追い詰められていくさまが克明に記録されている。映像と日米生存者の証言から狂気の戦場の全貌に迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 知られざる衝撃波~長崎原爆・マッハステムの脅威~

1945年、長崎に投下された原子爆弾。被爆直後の死者のおよそ半数は、爆風が原因と見られているが、詳細はわかっていない。2013年、爆風での破壊を解明する手がかりが見つかった。爆心地から遠ざかるほど爆風が威力を増す「マッハステム」という現象を捉えた一枚の地図。取材を進めるとアメリカがマッハステムの破壊力を事前に計算し、意図的に利用したことが明らかになった。長崎を襲った衝撃波マッハステムの脅威に迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 老人漂流社会 “老後破産”の現実

独り暮らしの高齢者が600万人に迫る勢いで急増している。その半数近く、およそ300万人が生活保護水準以下の年金収入で暮らしている。そうした中には、医療や介護といったサービスさえ切り詰めて暮らす高齢者も少なくない。貧しい暮らしを知られたくないと周囲に助けを求めずに孤立する高齢者も増えていて、支援が行き届きにくくなっている実態もある。いわば“老後破産”ともいえる厳しい現実を伝える。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 医療ビッグデータ 患者を救う大革命

わたしたちの命を守る医療。いまその現場でビッグデータ革命が始まっている。病気が発症する前に「予知」するシステムや、膨大な量の文献を記憶し“最適治療”を瞬時に提示する人工知能など、医療の「質」が大きく変わろうとしているのである。さらに、医療とは全く関係のない組織や機関が、ビッグデータを使って、大きな成果をあげつつある。わかりやすい解説を交えながら、医療革命の最前線を伝えていく。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 調査報告 “消えた”子どもたち-届かなかった「助けて」の声-

虐待や貧困などのために学校などに通えず、社会とのつながりを絶たれた“消えた”子ども。神奈川県厚木市で、誰にも気づかれないまま男児が白骨化した遺体で発見されるなど事件が相次いでいる。独自アンケートと追跡取材によって、“消えた”子どもの実態に迫り、子どもたちの命を守るために何が必要か考える。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 子どもの未来を救え~貧困の連鎖を断ち切るために~

今、子どもの6人に1人、およそ300万人が国が基準としている“貧困ライン”(一人世帯122万円未満)以下で暮らしている。事態を重く見た政府は2014年8月「子どもの貧困対策に関する大綱」を閣議決定。貧困の世代間連鎖が大きな課題とされた。連鎖を断ち切るためには何が必要なのか。取材班は、厳しい暮らしを強いられる子どもたちをルポ。各地で始まった試行錯誤も紹介しながら、子どもたちの未来への処方箋を考える。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 京都御所~秘められた千年の美~

代々の帝(みかど)が暮らし、日本の歴史を生み出してきた京都御所にカメラが入ることを許された。豪華な装飾を施された玉座、黄金に輝く障壁画1800枚、神話の時代から伝わる究極の宝をまつった部屋、平安から続く美や伝統を守るたくみたちの類いまれなる技。御殿の庭では、かつて帝(みかど)がめでた深紅の紅葉が見る者を圧倒。知られざる至宝の数々と、四季折々にさまざまな表情を見せる御所の姿を高精細4Kカメラで記録。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 追跡“イスラム国”

欧米だけでなく、日本も標的にした、イスラム過激派組織「イスラム国」。なぞの指導者バグダディ容疑者とは何者なのか。巧妙なメディア戦略の舞台裏と、世界中の若者が戦闘員として集まっている背景とは。そして「イスラム国」が、勢力を拡大していった手口とは。各国関係者の取材と、最前線の現場取材から、「イスラム国」の知られざる実態に迫る。 放送以外の配信の許諾が得られなかったため、一部映像を編集してお伝えします。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「幻の山 カカボラジ~アジア最後の秘境を行く~」

アジア最後の秘境といわれるミャンマー、亜熱帯の密林。その奧に天を突いてそびえる山があるという。カカボラジ(標高5881m)。謎に包まれた幻の山の登頂に日本人クライマーが挑んだ。毒蛇や吸血ヒルがうごめくジャングルを歩くこと240km。ようやく目にしたのは想像を絶する剣が峰だった…。しゃく熱のジャングルから氷の山へ。過酷な自然に体当たりした2か月間の冒険を追った。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「見えず 聞こえずとも~夫婦ふたりの里山暮らし~」

京都・丹後半島の山あいにある小さな集落に梅木好彦さん(68)と妻の久代さん(65)は暮らしている。久代さんは、目が見えず、耳も聞こえない。ふたりは互いの手を握り、その動きから手話を読み取る“触手話”により心を通わせ合っている。二人が結婚したのは、共に50代の時。厳しくも豊かな自然に抱かれた暮らしの中には、小さな幸せが満ちあふれている。人間にとっての幸せとは何なのか?ふたりの暮らしを通して見つめる。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「総理秘書官が見た沖縄返還~発掘資料が語る内幕~」

1972年にアメリカからの沖縄返還を成し遂げた佐藤栄作元総理大臣。この歴史的交渉を間近で見た総理秘書官が残した資料が見つかった。段ボール100箱以上にのぼる、官邸中枢の膨大な記録。佐藤政権は、沖縄返還をどのようにして成し遂げたのか。そしてアメリカ政府との間で、どのような駆け引きがあったのか。現在の基地問題や日米関係へとつながる、戦後日本の転換点、沖縄返還をめぐる政権中枢の決定とその過程に迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「沖縄戦 全記録」

太平洋戦争中、住民を巻き込んで日米両軍が繰り広げた「沖縄戦」。地上戦による住民の犠牲者は国内最大、判明しているだけで9万人超が亡くなったとされる。なぜ、これほどまでに犠牲が拡大したのか…。NHKは、非公開とされてきた膨大な戦死者の記録を入手。さらに、アメリカ軍が撮影した秘蔵フィルムや、住民の生々しい証言テープなどから、沖縄戦の全体像を再構築。兵士や住民を狂気に追い込んでいった地上戦の真実に迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「腰痛・治療革命~見えてきた痛みのメカニズム~」

治療しても効果がなく、一度治ってもぶり返すなど長引く「慢性腰痛」に苦しむ人は1400万人と推定される。最先端の治療現場では、「脳」のある働きを改善し、慢性腰痛を克服する対策が、大きな成果をあげている。例えば腰痛への不安を解消する映像を見たり、恐怖心を克服する運動をするなどの対策を取るだけで、改善する人たちがいる。専門的な心理療法で、極めて重い症状の患者の腰痛が改善するケースも出始めている。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「密室の戦争~発掘・日本人捕虜の肉声~」

取材班は発見された70年前の音源を最新のデジタル技術で修復・解析。その音源の内容は驚くべきものだった。地獄の戦場を生き抜いた日本兵捕虜の壮絶な告白、国への忠誠と葛藤、そして連合軍に筒抜けとなっていた機密事項…。音源の分析から、尋問が行われた連合軍の「秘密尋問所」の場所を特定、知られざる諜報戦の実態が浮かび上がってきた。現代によみがえる「密室の攻防」を通じて歴史の闇に埋もれてきた戦争の真実を伝える。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「きのこ雲の下で何が起きていたのか」

70年前、広島を壊滅させた原爆投下。巨大なきのこ雲の下の惨状を記録した写真が世界でたった2枚だけ残っている。投下3時間後、爆心地から2kmのところにある「御幸橋」の上で撮影されたものだ。NHKは居合わせた被爆者の証言、最新の映像技術や最新科学をもとに、50人あまりが写る写真の真実に迫った。原爆特有のやけどを負っていた皮膚や今にも亡くなろうとしている人々…。そこはまさに「生と死の境界線」だった。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「憎しみはこうして激化した~戦争とプロパガンダ~」

米海兵隊が太平洋戦争の戦場で撮影した、約3000本、500時間のフィルム。当時制作されたプロパガンダ映画の元素材だ。米軍は「映像は兵器だ」として、戦意を高揚させる映像を大々的に流す一方、「不都合な映像」を検閲し排除していた。日米双方のプロパガンダで、憎しみはどのようにエスカレートしたのか。膨大なフィルムと極秘資料、そして元カメラマンらの証言から、戦争とプロパガンダが何をもたらすのかを明らかにする。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「特攻~なぜ拡大したのか~」

爆弾を抱え航空機ごと空母などの標的に体当たり攻撃する「特攻」。昭和19年10月フィリピン戦で陸海軍が始めた特攻作戦は終戦まで加速度的に拡大する。魚雷を改造した水中特攻兵器やボートに爆弾を積んだ特攻舟艇など特攻専用の兵器も次々開発され4500人を超える戦死者を出した。その多くは20歳前後の若者だった。搭乗員の死を前提にしたほかに類を見ない作戦はなぜ拡大していったのか。軍の機密資料と証言をもとに探る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「“あの子”を訪ねて~長崎・山里小 被爆児童の70年~」

「ぼくの手はすっかり焼け、皮がなくなって、赤い肉が出ていた」「一面に血が流れていて、その中に、母のすっかり変わった顔がありました」。手記を残した37人をNHKでは継続的に取材してきた。今回再び彼らを訪ねると、見えてきたのは、70年たっても癒やされることのない原爆の傷痕だった。被爆したことを周囲に話せず、ひっそりと生きている男性。家族のひと言に深く傷ついている女性。被爆者の70年の人生に耳を傾ける。

ChromeCast対応

NHKスペシャル アニメドキュメント 「あの日、僕らは戦場で~少年兵の告白~」

「目の前で幼なじみが撃たれ、倒れた。ぼくは彼を見捨てて戦闘を続けた。あの時、ぼくの心は異常だった…」(当時17才)沖縄北部のジャングルで米軍と戦った少年兵がいる。戦後70年経った今、30人余りの少年兵がこれまで秘められてきた事実を語り始めた。少年たちはなぜ戦場に送られたのか? 証言と新たに発掘された資料から、子どもたちが戦争に利用されていった知られざる歴史を、“アニメドキュメント”で伝える。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「女たちの太平洋戦争~従軍看護婦 激戦地の記録~」

使命感に燃えて戦地に向かった日赤の「従軍看護婦」。しかし、待ち受けていたのは、あまりに残酷な戦場の現実だった。献身的な看護のかいなく次々と亡くなっていく傷病兵。そして、戦況悪化の中、看護婦たちも生死の境をさまようまでに追いつめられる。派遣されて帰国するまでを克明に記した業務報告書と、元看護婦の証言から、激戦地ビルマとフィリピンで、おびただしい数の死と向き合い続けた女性たちの戦争を描く。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「新島誕生 西之島~大地創成の謎に迫る~」

「西之島」では、人類が初めて目撃する壮大な現象が進行している。海底火山の噴火により新島が姿を現したのは、2013年11月。今も拡大を続け、火山学の常識を根底から覆す現象として科学者たちを悩ませている。圧倒的な自然のエネルギーを、迫力の超接近映像で捉えるとともに、科学的データを収集する大オペレーションを展開。日本を代表する火山、海洋、生物などの科学者が集結し西之島の謎を徹底的に解明していく。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 老人漂流社会 「親子共倒れを防げ」

今、中高年の子どもがリストラや親の介護をきっかけに、高齢の親を頼って同居するケースが急増している。こうした親子は、子の失業や親の病気などをきっかけに「親子共倒れ」に追いつめられていくケースが少なくない。密着取材とアンケート調査によって「親子共倒れ」が広がっている実態を明らかにし、どうすれば未然に防ぐことができるのか、専門家を交えて考えていく。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「老衰死 穏やかな最期を迎えるには」

俳優の樹木希林さんと共に「老衰死」の秘密に迫る。人生の終末期、どうしたら安らかな最期を迎えられるのか。最新のデータで、戦後最多となった「老衰死」。今回、入所者の平均年齢が90歳を超える都内の特別養護老人ホームを取材し、半年間にわたって自然な最期を支える現場を記録。さらに世界最前線の研究を訪ね、老いがもたらす穏やかな死の謎と老衰のメカニズムに迫った。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「盗まれた最高機密~原爆・スパイ戦の真実~」

70年前、人類は原子爆弾を産み落とし、その後核兵器は地球全体に拡散した。核の脅威はなぜ生まれ、いかに拡散したのか。その謎に迫る鍵が、新たに今次々に発見されている。第二次大戦末期、原爆開発をめぐり、米独ソ日で激烈なスパイ戦が展開された。その実態はこれまで長い間謎に包まれてきた。しかし今回発掘された史料や関係者の証言などから、世界を股にかけた暗闘の全貌が浮かび上がった。知られざる歴史に光をあてる。

ChromeCast対応

NHKスペシャル シリーズ認知症革命 第1回「ついにわかった! 予防への道」

認知症の人が今後急増していく日本で、今私たちには何ができるのか。2回連続で最新研究や画期的な取り組みを紹介する。第1回のテーマは、進歩目覚ましい「認知症予防」最前線。最近の研究で、MCI(軽度認知障害)の段階で発見して対策を行えば、認知症を予防できる可能性が明らかになった。その鍵の一つは意外にも「歩き方」。ほかにも、予防につながる最新対策や、薬の最新情報も紹介する。

ChromeCast対応

NHKスペシャル シリーズ認知症革命 第2回「最後まで、その人らしく」

シリーズ認知症革命、第2回は、認知症になっても、その人らしく穏やかに生きていくためのヒントを探っていく。“認知症=人生の終わり”というイメージがいまだ根強いが、先端的な医療やケアの取り組みから、認知症になると何も分からなくなる訳ではなく、その心に寄り添うことで、妄想やはいかい、暴力などの症状が大きく改善できることが明らかになってきた。国内外の先進事例を紹介しながら、その最前線に迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「パリ同時テロ事件の衝撃」

パリで起きた同時テロ事件。欧州が掲げてきた「人権・自由・寛容」の理念が脅かされ、社会に分断が生じている。世界はテロの脅威にどう向き合えばよいのか。最新現地ルポ。 放送以外の配信の許諾が得られなかったため、一部映像を編集してお伝えします。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「ママたちが非常事態!?~最新科学で迫るニッポンの子育て~」

子育てがつらすぎる! なぜこんなに不安で孤独なの? 私って、母親失格? 現代ニッポンの母親たちが、子育てに深刻な悩みを抱えている。助け合いたい夫に対しても、出産後はなぜかイライラ。救いを求めて母親たちが結びつきを求める「ママ友」は、日本特有の社会現象として注目されている。なぜ母親たちは、これほど育児に苦しめられるのか? その謎に最新科学で迫る。お母さん、育児が大変なのはあなたのせいではありません。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「史上最悪の感染拡大 エボラ 闘いの記録」

史上最悪のエボラウイルスの感染拡大。“始まり”は小さな村の集団感染だった。感染封じ込めの最前線で命を落とした医師の闘いから、今世界に何が求められているのか探る。 放送以外の配信の許諾が得られなかったため、一部映像を編集してお伝えします。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「CYBER SHOCK(サイバー ショック) 狙われる日本の機密情報」

いま日本を狙ったサイバー攻撃が急増している。今回、NHKは国内外の情報機関やセキュリティー会社を徹底取材、驚くべき事実が明らかになった。多くの企業・団体がサイバー攻撃の標的にされ機密文書を含む大量の内部文書が流出していたのだ。誰が何のために攻撃しているのか? 犯行グループを追跡するとある有力な手がかりを手にすることができた。ネット社会の盲点をついたサイバー攻撃の知られざる脅威に迫る!

ChromeCast対応

NHKスペシャル NHKスペシャル 「被曝(ひばく)の森~原発事故 5年目の記録~」

福島第一原発事故によって7万人もの住民が強制避難して生まれた広大な無人地帯。5年の歳月で、世界に類を見ない生態系の激変が起きている。人を恐れないイノシシの群れが白昼堂々と街なかを歩き、ネズミやアライグマが住宅に侵入して荒らすなど「野生の王国」化が進む。原発事故が生んだ“被ばくの森”は今どうなっているのか? 生物への放射能の影響は? 世界中の科学者たちの調査から明らかになる避難地域の5年目の記録。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「ママたちが非常事態!?2~母と“イクメン”の最新科学~」

「子育てがつらいのは、母親の脳や体に起きる変化が原因」「激しい夜泣きやイヤイヤは人類進化の産物だった」1月に放送した第1弾は、ママたちの育児の苦悩を最新科学で解明し、「救われた」「もっと知りたい」と大反響が。そこでお届けする第2弾。ママもパパも悩ませる人見知り泣きやイヤイヤへの上手な接し方を、アメリカの最新脳研究から明らかに。さらに、夫がイクメンに変身し、夫婦円満にもなる不思議なホルモンに迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル NHKスペシャル 「天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る」

将棋界最高の頭脳・羽生善治が、人工知能開発の最前線を訪ねる。このまま人工知能が進化していけば、どんな社会が到来するのか。羽生は、その進化に何を見るだろうか。 放送以外の配信の許諾が得られなかったため、一部映像を編集してお伝えします。

ChromeCast対応

NHKスペシャル NHKスペシャル 「人生の終(しま)い方」

人生の最期、あなたなら何をしますか?誰に何を伝え残しますか?あるいは残さないですか?「終活」とは異なる人生の総決算としての「終い方」。一緒に考えてみませんか。団塊世代の夫が亡くなる直前、家族に初めて伝えた思い、孤高の生き方を貫いた兄…ラジオ深夜便に寄せられたさまざまな方の終い方や2015年に亡くなった水木しげるさんの意外な終い方などを紹介。番組進行は桂歌丸さん。その心に秘めた「終い方」とは…。

ChromeCast対応

NHKスペシャル スクープドキュメント 「北朝鮮“機密ファイル” 知られざる国家の内幕」

北朝鮮の内幕を記した軍の“機密ファイル”を独自に入手。なぜ核にこだわるのか?若き指導者はどう国家を操っているのか?謎に包まれた北朝鮮の「真実」に迫るスクープ。 放送以外の配信の許諾が得られなかったため、一部映像を編集してお伝えします。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「ある文民警察官の死~カンボジアPKO 23年目の告白~」

23年前、日本の自衛隊が初めて参加したカンボジアPKO。その時、75人の警察官も文民として派遣された。しかし、任務のさなかに武装勢力に銃撃され1人が死亡、4人が重傷を負った。停戦が合意され、戦闘が停止していたはずのカンボジアで何が起きていたのか。今回、これまで決して語ることのなかった隊員たちが初めて現地の内実を証言した。未公開の映像とともにカンボジアPKOの現実を見つめる。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「村人は満州へ送られた~“国策”71年目の真実~」

昭和20年8月、旧満州(中国東北部)で、ソ連軍の侵攻などによりおよそ8万人以上が犠牲となり、その後、中国残留孤児など数々の悲劇を生んだ“満蒙開拓”。植民地の治安安定や軍への食糧供給を目的に、27万の人々が満州に送り込まれたこの移民政策の詳細は、これまで知られてこなかった。村人を送り出した、ある村の村長の日記や破棄されたはずの極秘文書から、人々がどのように送り出されたのか、その真相を明らかにする。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「ふたりの贖罪(しょくざい)~日本とアメリカ・憎しみを越えて~」

真珠湾攻撃総隊長とアメリカ陸軍の爆撃手、憎しみをぶつけあった二人は、戦後運命的な出会いを果たし、固い絆で結ばれた。憎しみの連鎖を断ち切ろうと格闘した二人の物語。 放送以外の配信の許諾が得られなかったため、一部映像を編集してお伝えします。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「沖縄 空白の1年~“基地の島”はこうして生まれた~」

なぜ沖縄に基地が集中しているのか。それはどう始まったのか。NHKは、戦後の混乱のため資料が乏しく、「空白の1年」とも呼ばれる1945年から1946年の映像や未公開資料を入手。そこからは、アメリカが日本への返還や住民による自治を模索したにもかかわらず、世界情勢の変化によって、沖縄が基地化されていく過程が浮かび上がってきた。本土が復興に向かう一方で、重い負担を背負うことになった沖縄の戦後をみつめる。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「自動運転革命」

いま、世界で「自動運転革命」が起きようとしている。先行するドイツメーカーにIT企業グーグルも参入。世界の強敵に日本メーカーはどう立ち向かうのか。その攻防を追う。 許諾が得られなかったため、一部映像を編集して配信します。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「完全解剖 ティラノサウルス~最強恐竜 進化の謎~」

“史上最強の恐竜”と呼ばれるティラノサウルス。謎に包まれていた真の姿が、世界各地で相次ぐ化石の新発見と、最先端の科学解析技術から明らかになってきた。生物の常識を覆す、驚異的な身体能力。頭脳的な狩りを可能にする、著しく発達した大脳。さらに、祖先は小さくひ弱だったことも判明した。ティラノサウルスはどのように進化したのか。ディーン・フジオカをナビゲーターに、一億年に及ぶ壮大な進化の秘密を読み解いていく。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「縮小ニッポンの衝撃」

2016年、百年近い国勢調査史上初めて減少に転じた日本の総人口。一極集中が進む東京でも五輪開催の2020年に減少に転じると予測されている。私たちにはどんな未来が待っているのか。地方ではこれまで通りの行政サービスを維持することができず、縮めていく動きが加速。東京23区でも人口減少が将来の財政破綻につながりかねないと対策に動く自治体も出てきた。地方と東京の最前線ルポを通し縮小していく国の未来図を探る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「“血糖値スパイク”が危ない~見えた!糖尿病・心筋梗塞の新対策~」

健康診断では正常な人に、突然死やがん・認知症のリスクまで高める恐ろしい“万病の種”が潜んでいた?それは、食後の短時間にだけ血糖値が急上昇する「血糖値スパイク」。放置すると糖尿病に至るばかりか、動脈硬化が進行し脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす。さらに細胞をがん化させたり、脳にまでダメージを与えるというのだ。1千万人以上にまん延しているとも言われる「血糖値スパイク」の最新研究と意外な撃退法に徹底的に迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「活断層の村の苦闘~熊本地震・半年間の記録~」

熊本に震度7の直下型地震を起こした布田川断層帯。地表には巨大な地震断層が出現し、西原村では、全家屋の6割が損壊した。地震直後、がれきの中で立ち上がった住民たち。しかし活断層に切り裂かれた大地が、暮らしの再建を阻む。今、村の人々は、活断層の地で暮らし続けるかどうか、選択を迫られている。友人同士、家族同士も意見が分かれ揺れ動く。活断層は日本全国に2千以上。活断層の村、熊本地震から半年間の苦闘の記録。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「あなたもなれる“健康長寿” 徹底解明 100歳の世界」

「実は誰でも健康長寿を実現できる!」そう断言するのは、2016年105歳となった医師の日野原重明さん。番組には、世界最高齢116歳の女性や、100歳を超えてもボウリングや水泳を楽しむ“スーパー高齢者”が登場。最新の科学で「センテナリアン(百寿者)」たちの、健康の秘密に迫る。そこには人類が健康長寿を実現するカギが隠されていた! そして健康長寿は、遺伝だけではなく“誰もが実践できる”可能性があった!

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「“がん治療革命”が始まった~プレシジョン・メディシンの衝撃~」

日本人の2人に1人がかかる病、がん。その治療が根底から変わろうとしている。進行した大腸がんを患う48歳の男性。再発を繰り返し手術不能だったが、ある薬の投与で腫瘍が大きく縮小。その薬とはなんと皮膚がんの治療薬。劇的な効果をあげたのは、がん細胞の遺伝子を解析し適切な薬を投与するプレシジョン・メディシン(精密医療)だ。今7000人近くの患者が治験に参加。先進地のアメリカの事情とともに可能性と課題を追う。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「戦艦武蔵の最期~映像解析 知られざる“真実”~」

日本の最高機密として極秘に建造された戦艦「武蔵」。太平洋戦争末期、壮絶な最期を遂げたとされるが、資料が少なく、真相は謎に包まれてきた。2015年3月、フィリピン沖1200mの深海で武蔵が発見され大ニュースとなった。NHKは膨大な未公開映像とデータを入手。最新の映像解析技術で知られざる武蔵の“真実”が浮かび上がった。驚くべき内部構造やすさまじい攻撃力。定説を覆す“意外な姿”とは。戦艦武蔵の謎に迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「スクープドキュメント 北方領土交渉」

北方領土問題を巡り、首脳会談で新たな一歩を踏み出した日本とロシア。秘密裏に進んだ交渉で何が話し合われたのか。関係者の証言などから交渉の一端を浮かび上がらせる。 放送以外の配信の許諾が得られなかったため、一部映像を編集してお伝えします。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「ばっちゃん~子どもたちが立ち直る居場所~」

社会に居場所を失い、非行に走る子どもたち。そんな少年や少女に寄り添い、30年以上、その立ち直りを支えてきた女性がいる。“ばっちゃん”こと、元保護司の中本忠子(ちかこ)さん82歳。長年の経験から「非行の根っこには空腹がある」と確信した中本さんは、広島市内にある自宅を開放し、手料理を振る舞い、親身になって相談にのりながら、多くの子どもたちを更生させてきた。そんな中本さんと子どもたちの記録。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「森の王者 ツキノワグマ~母と子の知られざる物語~」

森の王者ツキノワグマ。警戒心が強くうっそうとした森の奥深くで暮らしているため、生態はほとんど知られていなかった。動物カメラマン横田博さんは28年にわたりクマの撮影を行ってきた。1000時間を超える映像には、春、冬眠の巣穴から生まれてまもない子グマをつれて出てくる母グマの姿や2頭の子グマに同時に授乳するほほえましい姿などがある。さらにオスの“子殺し”という研究者さえ見ていなかった驚きの生態を捉えた。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「見えない“貧困”~未来を奪われる子どもたち~」

子どもの6人に1人が「相対的貧困」と言われる日本。しかし、具体的に何に困り、どういった支援が必要なのか明らかにされてこなかった。2016年度、自治体や国が初めて大規模調査を実施。調査から「新しい服が買えない」「アルバイトで家計を支えている」など具体的な状況が初めて可視化された。「見えない貧困」の実像に迫り、子どもたちにどのような支援が必要なのか、解決の道筋を探る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「又吉直樹 第二作への苦闘」

又吉直樹の処女作「火花」は、280万部という驚異的なベストセラーとなった。しかし文学界では、処女作が最大のヒットとなり、そのまま消えていく一発屋も少なくない。文学などに関心のない若者に読んでもらえるものとはどんな作品なのか。しかし、売れっ子芸人でもあり、執筆の時間も限られている。睡眠時間を削り、魂を削りながら苦闘を続ける。ふだん見ることのできない、ひとつの作品が生まれるまでの苦闘を克明に記録する。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「足元の小宇宙II 絵本作家と見つける“雑草”生命のドラマ」

86歳の甲斐信枝さんは現役の絵本作家。雑草の美しさにひかれ草花を描き続けて60年以上。代表作「雑草のくらし」は30年を超えるロングセラーだ。草をかき分け、地面に寝転がって、同じ目線になって植物と会話する。ノゲシがタネを飛び散らす様子を“綿毛の舞い舞い”と呼び、「草がおいでおいでするから永久に追いかける」という。京都・嵯峨野の里山で、甲斐さんのまなざしを通して植物の驚きの営みを見つめる。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「奇跡のパンダファミリー~愛と涙の子育て物語~」

絶滅のおそれがあるジャイアントパンダ。その繁殖で世界屈指の実績を誇る、和歌山県白浜町の動物公園に密着。陣痛の苦しみや出産の瞬間、新生児に迫る命の危機を克明に記録。リスクの高いパンダの子育て、カギは母親が本来持っている“母性”を邪魔しないこと。白浜では、20年を超える飼育の中で独自のノウハウを編み出した。パンダと飼育員、二人三脚の子育て、1000日間の記録。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「熊本城 再建 “サムライの英知”を未来へ」

2016年4月の地震で甚大な被害を受けた「熊本城」に意外な事実が浮かび上がってきた。崩壊した文化的価値の高い「石垣」。築城当初に造られた石垣の多くが地震に耐えていたことがわかった。先人はどうやって地震に強い城を築いたのか?最新科学と歴史検証でミステリーに迫る。一方“サムライの英知”を未来へつなぐ「再建」では耐震性と文化財的価値の両立を目指した模索が続く。地震から1年、熊本城再建の知られざる舞台裏!

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「私たちと“象徴天皇”~政府の有識者会議“最終報告”を受けて~」

憲法で「象徴」と定められ、その地位は「国民の総意」に基づくとされる天皇。いま、天皇陛下の退位に向けた動きが進んでいる。私たちは象徴天皇に、どんな「務め」を期待するのか? そして今後の皇室のあり方は? さまざまな立場のゲストと共にじっくり考える。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「憲法70年 “平和国家”はこうして生まれた」

日本国憲法の施行から70年。平和主義の出発点が新たな資料で明らかになった。昭和20年9月、昭和天皇は勅語で平和国家の確立を明らかにした。しかし、GHQ草案の条文には平和の文字はなかった。その後、衆議院の小委員会で鈴木義男議員の発言を機に議論があり「国際平和を誠実に希求」する条文が第九条に盛り込まれたことが明らかになった。速記録をもとに小委員会をドラマで再現。“平和国家”誕生の舞台裏に迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「日本国憲法 70年の潮流~その時、人々は~」

国民主権、基本的人権の尊重、そして戦争の放棄を定めた日本国憲法が施行されて70年。この間、人々は一度も憲法を変えることを選択してこなかった。この70年、人々は憲法とはどのように向き合ってきたのか。それぞれの時代に何が議論されてきたのか。NHKが施行から15年目の1962年から行ってきた世論調査を軸に、憲法の潮流をたどる。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「世紀の発見!日本の巨大恐竜」

日本の恐竜研究史上、最大の発見むかわ竜。頭から尻尾までそろっている世界でも珍しい全身骨格化石が北海道むかわ町で発掘された。恐竜時代、大半が海の下だった日本では、これまで恐竜化石は、ほとんどみつかってこなかった。今回の発見は予想を覆す見事さであり、日本の恐竜世界を教えてくれる重要なピースとなる。化石を手がかりに、むかわ竜を最新の映像技術で再現。さらに大発見にいたるまでの人々の知られざるドラマに迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「和食 ふたりの神様 最後の約束」

“すしの神様”小野二郎さん(91)と“天ぷらの神様”早乙女哲哉さん(70)。和食の頂点で戦う二人には誰も知らない「約束」があった―。天才料理人の隠された物語。 許諾が得られなかったため、一部映像を編集して配信します。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「緊迫 北朝鮮 危機の深層」

核やミサイル開発で国際社会を揺さぶる北朝鮮。ベールに包まれた軍事的脅威の実態とは? 有事の際の被害はどのようなものになるのか? 総力取材で迫る。 許諾が得られなかったため、一部映像を編集して配信します。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「祇園 女たちの物語~お茶屋・8代目女将(おかみ)~」

祇園で200年の長きにわたって続いてきたお茶屋がある。お茶屋とは、芸妓・舞妓がお客をもてなすお店。現在の女将は8代目の太田紀美さん、77歳。敷居をまたぐことができるのは選ばれし者のみ。母から娘へ代々女将が受け継がれてきた太田さんのお茶屋には、厳しい家訓があった。「女将は結婚することは許されない」。お客にすべてをささげるために生まれた家訓である。祇園に人生をささげる女たちの、切なくも誇り高き物語。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「睡眠負債が危ない~“ちょっと寝不足”が命を縮める~」

がんや認知症など、重大疾病につながる睡眠不足。「十分眠っている」と思っている人でも、実はわずかに足りておらず、リスクを抱えている場合があることが分かってきた。研究者たちは、これを“睡眠負債”と名付け、対策が必要だと指摘している。研究の最前線や予防&改善の秘策を伝える。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「人工知能 天使か悪魔か 2017」

驚異の進化を遂げる人工知能が、いよいよ私たちの社会に登場している。名古屋のタクシー会社では、客がいる場所を指示する人工知能を導入し、乗車率が大きくアップした。さらに人工知能は、人間を評価するという分野にも進出している。退職の予兆がある人を事前に察知したり、アメリカでは、犯罪者の再犯リスクをはじき出している。羽生善治が、モンスターのような進化を遂げる人工知能が社会に何をもたらすのかを思索していく。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「謎の“日本人テロリスト”を追え~ダッカ・テロ事件から1年~」

去年7月1日。バングラデシュの首都ダッカで、日本人7人を含む20人が犠牲になったテロ事件。事件後、バングラデシュ警察が重要視した人物が、サイフラ・オザキ(34)。日本人の妻子をもち、日本の大学で教職に就いていたが、事件の半年前、こつ然と姿を消した。今、オザキがバングラデシュと日本、そして、過激派組織・ISをつなぐ役割を担っていた実態が明らかになりつつある。事件の真相と、知られざるテロの脅威に迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「徹底解剖 藤井聡太~“進化”する14歳~」

史上最年少の14歳2か月でプロ棋士となり、公式戦29連勝という歴代新記録を樹立した中学3年生の藤井聡太四段。いったいなぜ、ここまで強いのか? 敗れた棋士やトップ棋士へのインタビュー、そして人工知能を使った将棋ソフトの解析からは、連勝を続けながら、驚異的に“成長”し、“進化”し続けている強さの秘密が見えてきた。14歳棋士の「素顔」をとらえた秘蔵映像を交え、その強さの秘密を徹底的に探る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「本土空襲 全記録」

太平洋戦争中、戦闘機に装備され、機銃を撃つと自動的に作動する「ガンカメラ」の映像がいま相次いで発掘されている。米国でB29による新たな空襲映像も見つかった。日本本土への空襲。その規模の甚大さゆえに捉えきれてこなかった本土空襲の“全貌”が、ようやく見えてきた。膨大な新資料に分析を加え、データ・推移を地図にして可視化することで、大規模な戦略爆撃作戦の知られざる全体像に迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「731部隊の真実~エリート医学者と人体実験~」

戦時中、旧満州でひそかに細菌兵器を開発し実戦で使用した、731部隊。NHKが発掘した旧ソ連・ハバロフスク裁判の音声記録では、部隊幹部らが日本に反発した中国や旧ソ連の人々を「死刑囚」とし、実験材料としていた実態を克明に語っていた。こうした実験を主導していたのが、大学等から集められた研究者たちだった。エリート医学者はどのようにして集められ、なぜ人間を実験材料にしたのか。音声記録と数百点の資料から迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「樺太地上戦 終戦後7日間の悲劇」

北海道の北に広がるサハリン。かつて「樺太」と呼ばれ、40万人の日本人が暮らしていた。昭和20年8月、終戦後にもかかわらず、住民を巻き込んだ地上戦が1週間にわたって続き、5000人とも6000人とも言われる人たちが命を落とした。なぜ終戦後も戦闘は終わらず住民の被害が拡大したのか。長年沈黙を守ってきた元住民たちの証言、そして国内外で発掘した資料から、樺太の悲劇に迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「世界初 極北の冒険 デナリ大滑降」

俳優・堺雅人がお伝えする前代未聞の冒険! 北米最高峰・デナリ(6190m)の巨大な絶壁をスキーで滑降する世界初の挑戦。挑むのは山岳スキーヤー佐々木大輔・40歳。デナリは憧れの冒険家・植村直己が命を落とした運命の山。真っ向からぶつかるのが長年の夢だった。気温はマイナス30度、酸素は平地の半分という過酷さ。はたして滑降は成功するのか? 4Kカメラが捉えた大迫力の映像。あなたも一緒に究極の冒険体験を!

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「スクープドキュメント 沖縄と核」

アメリカの統治下にあった沖縄に配備されていた核兵器。機密資料と新証言から明らかになってきたのは、世界最大級の核拠点となっていた沖縄の実態だった。冷戦下、東西陣営の緊張が高まるたびに、最前線として危機的な状況に置かれていたこと、さらに、「核」が沖縄への基地集中をもたらすひとつの要因となっていたという事実。沖縄と「核」の知られざる歴史に光をあてる。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「黒潮~世界最大 渦巻く不思議の海~」

無数の命を育む母なる流れ「黒潮」。北太平洋の膨大な水と熱を集め、日本にやってくる。なぜ、黒潮は、命、豊かなのか? この謎が最新の科学で解き明かされようとしている。衛星からのデータとスーパーコンピューターが明らかにした黒潮の真実。それは、至る所で大小無数の渦が巻く、世界でも例をみない不思議の海だった。黒潮が育む命と共にたどる1万kmの旅。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「総書記 遺された声~日中国交 45年目の秘史~」

作家山崎豊子の自宅から1980年代に中国共産党トップ・総書記を務めた胡耀邦の4時間を超える肉声が記録されたテープが発見された。胡耀邦が語っていたのは日中関係について。共産党トップとは思えない率直さで、歴史認識問題などについての自らの考えを述べていた。遺(のこ)された総書記の肉声と、今回独自に入手した外交資料をもとに、日中関係の知られざる歩みを見つめるスクープドキュメント。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「亜由未が教えてくれたこと~障害者の妹を撮る~」

2016年7月、相模原市の障害者施設で入所者ら46人が刺され、19人が亡くなった。NHK青森でディレクターをしている僕の妹・亜由未は、犠牲者と同じ重度の障害者。逮捕された男の「障害者は不幸を作ることしかできない」という言葉が許せなかった。自分の家族は不幸じゃないと伝えたくて、僕は亜由未にカメラを向けた。亜由未に対して抱く家族それぞれの思い。幸不幸とは一体何なのか。介助を通じて模索した1か月の記録。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「“血圧サージ”が危ない~命を縮める「血圧の高波」~」

“血圧サージ”とは「短時間の血圧急上昇」。健康診断では「血圧が正常」とされていても、気付かぬうちにサージが頻発し、脳卒中や心臓病、さらには認知症などのリスクを高める場合があることが分かってきた。さらに、高血圧の人にサージが起きることもあり、そうなるとリスクは一段と高くなるという。国内外の最新研究を取材し、血圧サージが重大疾病を引き起こすメカニズム、そして予防法や対策法を伝える。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「皇位継承へ 素顔の“新天皇”」

天皇陛下のご退位を受けて、天皇に即位される皇太子さま。どのような天皇として国民に向き合われようとしているのか?天皇陛下が「平成」という時代の中で模索し、形作られてきた「象徴」のあり方は、どう受け継がれていくのか?そしてご活動の幅を広げられている雅子さまは?皇太子ご一家を支えてきた側近への独占インタビュー、NHKに残る秘蔵映像を交え、“新天皇”の素顔と思いに生放送で迫っていく。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「追跡 東大研究不正~ゆらぐ科学立国ニッポン~」

日本の科学研究をリードする東京大学が、データをねつ造するなどの研究不正で揺れている。2017年8月、分子細胞生物学研究所の渡邊嘉典教授の研究室が発表した5本の論文で不正が認定された。2006年と2014年にも巨額の公的資金が投じられた研究室で不適切な研究が相次いだ。一体、何が起きているのか。100人をこえる関係者を取材。研究不正の報告書と独自に入手した資料、さらに当事者たちのインタビューから迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「激変する世界ビジネス “脱炭素革命”の衝撃」

パリ協定をきっかけに、二酸化炭素の排出量を実質ゼロにする“脱炭素”社会に向けて大きくかじを切った世界。アメリカの協定からの脱退表明にも関わらず、巨大企業は“脱炭素”を掲げ、マネーの流れも大きく変わりはじめている。この動きを決定づけたのは、世界最大の二酸化炭素排出国、中国が“環境大国”を目指し始めたこと。これまで環境先進国を標ぼうしてきた日本、そして日本企業は生き残ることができるか? 最前線を描く。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「平成タイムトラベラー~あなたと私の30年~」

まもなくその幕を閉じることになった平成の時代。3000本を超えるNHKスペシャルを再見。さらに芦田愛菜さんらが都内の平成ゆかりの地をめぐり激動の時代を振り返る。 許諾が得られなかったため、一部映像を編集して配信します。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「遺児たちのいま 阪神・淡路大震災23年」

6434人が亡くなった阪神・淡路大震災。0歳から高校生まで、400人以上の子どもが親を失い、遺児となった。四半世紀に近い歳月の間に、遺児の多くは亡くした親の年齢に達し、子どもをもつ人も少なくない。震災後から定期的に成長を記録してきた遺児たちを再訪すると、成人して新たな役割に気づきながら歩む、それぞれの人生があった。震災から23年、遺児たちの「心に秘めた苦悩」と「生きていく覚悟」とは…。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「“ゴースト血管”が危ない~美と長寿のカギ 毛細血管~」

「単なる末端の細い血管」と考えられてきた毛細血管。最近、極めて重要であると注目されるようになった。その役割は、臓器や組織、細胞の1つ1つにまで酸素や栄養を届けること。途中で漏れが生じ、血液の通っていない毛細血管が増えると、認知症、骨粗しょう症といった深刻な病につながることが判明した。さらにシワやたるみの原因にも!“ゴースト血管”と名付けられた危険に迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「#失踪 若者行方不明3万人」

今、突然“失踪”する若者が相次いでいる。警察庁によると、1年間に全国で行方不明となる「20代までの若年層」は3万人を超えている。取材班はSNSを介して失踪した若者たちへの接触を試み、その過程を記録する。2017年には、座間の遺体遺棄事件で、9人の若者の命が奪われるなど、いつ何時、犯罪に巻き込まれるか分からない若者たち。見ず知らずの人間と接点をもっていく新たな“失踪社会”の実態を追跡する。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「憲法と日本人~1949-64 知られざる攻防~」

憲法施行から71年。護憲か改憲か、国論を二分する攻防が行われた時代が、かつてあった。新たに発掘した700点の史料から浮き彫りになる憲法をめぐる日本人の模索。 許諾が得られなかったため、一部映像を編集して配信します。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「仮想通貨ウォーズ~盗まれた580億円を追え!~」

580億円もの“カネ”はどこへ消えたのか?犯人はいったい何者か?サイバー空間の闇を探り、無償で犯人を追い続けるのがホワイトハッカーたちだ。独自のIT技術を武器に、次々と謎を暴き、奪われた仮想通貨の痕跡をたどっていく。しかし犯人も巧みな偽装工作で追跡をかわし、ホワイトハッカーたちの目の前で“資金洗浄”を進めていく。そして、ついにたどり着いた巨額の金を“山分け”する犯人の姿とは―。3か月の攻防に密着。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「縮小ニッポンの衝撃 労働力激減 そのとき何が」

2050年代、人口1億を切る日本。現役世代はピーク時に比べ3500万人減少、人類史上例のない「棺おけ型」の人口ピラミッドになる。誰が社会を支えるのか?期待されるのが高齢者だ。労働者に占める高齢者の割合は既に12.4%で世界一だが、さまざまな業務が舞い込む。もうひとつの柱が外国人。しかし、若い労働力を求めて世界規模の争奪戦が起きている。この先、どんな未来が待ち受けているのか。模索する現場をルポする。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「ミッシングワーカー 働くことをあきらめて…」

今、40代・50代の働き盛りの世代に異変が起きている。親の介護などがきっかけで働けなくなる人が増えているのだ。独身中高年650万人のうち6人に1人が無職、特に介護は独身者ほど負担が重い。こうして、長期間、働けなくなり、求職活動もあきらめてしまう人はミッシングワーカー(=消えた労働者)といわれ、問題視され始めている。労働市場から消えた存在、ミッシングワーカーの実態に迫り、解決策を探る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「オウム 獄中の告白~死刑囚たちが明かした真相~」

戦後類を見ない数々の凶悪事件を引き起こしたオウム真理教。教祖・麻原彰晃(本名 松本智津夫)死刑囚はじめ13人のうち7人の死刑が執行された。いったいなぜ、オウムは暴走し、社会の壊滅をもくろんだのか。そして、歴史的事件の裁判で、なぜ麻原は沈黙し、多くの謎を積み残してしまったのか。NHKは、獄中の麻原の言葉を記した極秘資料や教団が記録した音声テープを独自に入手。“オウム暴走”の真相に迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「“ともに、生きる” 障害者殺傷事件 2年の記録」

19人が殺害された障害者殺傷事件から2年。「意思疎通できない障害者は不幸しかもたらさない」。植松被告が語った動機は大きな衝撃を与えた。NHKは、命を狙われた入所者を事件直後から取材。障害者の意思をくみ取る支援を受けながら、新たな暮らしが始まっている。さらに社会では、被告との接見にのぞみ、事件を乗り越えようとする人たちも相次いでいる。被害者や家族、そして事件と向き合う人たちの模索の日々を見つめる。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「消えた弁護士たち 中国“法治”社会の現実」

経済成長とともに、人々の権利意識が高まる中国。習近平指導部は発足以来「法治」の徹底を掲げ、法に基づいて人々の利害の対立を処理し、社会の安定を図ろうとしている。その一方で、共産党支配に悪影響を与えるとみなされた人々への締めつけは、かつてなく強まっているとも指摘されている。習近平指導部が推進する「法治」の現場を取材。そこから浮かび上がる中国社会の光と影を見つめる。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「アインシュタイン 消えた“天才脳”を追え」

天才物理学者アインシュタイン。その脳は、死後解剖されたが、今どこにあるのか、詳しくは分かっていない。今回、世界各地で徹底追跡。たどり着いたのは、切断された100以上の脳片を持つ人物、解剖時に撮影された数百枚の写真、そしてアインシュタインの脳を手にしたことで数奇な人生をたどることになった研究者たちの姿だった。さらに、アインシュタインの脳を初めて3DCG化、知られざる天才脳の秘密に迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「6男4女 サーカス家族の夏」

全国を2か月ごとに興行しながら旅するサーカス団がある。一座の中に、コロンビア人男性と日本人女性の夫婦がいる。ふたりには、10人の子供がおり、まもなく11人目の子供が生まれる。四男の嵐君は、「イカリオス」という大技で、小学校6年生ながら一座の人気者。しかし、2か月ごとの転校はつらい。ようやく学校になじみ、友だちができたころには別れが待っている。6男4女、サーカス大家族の涙と笑いの夏に密着する。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「広島 残された問い~被爆二世たちの戦後~」

原爆放射線は人の体において次世代にも健康影響をもたらすのか。この問題をめぐって被爆二世たちが葛藤している。脳裏をよぎり続けるという健康不安、これまでに受けてきた偏見や差別。去年、一部の被爆二世たちは、国に援護を求めて提訴した。一方、広島の研究機関では、DNAの細部にまで及ぶ解析によってこの難問に挑む格闘が続いている。広島で70年余りにわたり追究が続く「残された問い」と向き合う人々を見つめる。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「祖父が見た戦場~ルソン島の戦い 20万人の最期~」

あなたは、自分のおじいさんのこと知っていますか? 私、小野文惠の祖父はフィリピン・ルソン島で戦死しました。しかし、いつ、どこでどのように亡くなったのか、分かっていません。同じ部隊の生還兵が持ち帰った部隊の日誌を手がかりに、祖父の足跡をたどってみることにしました。その旅で見えてきたのは、20万人が命を落としたルソン島の絶望の戦場と戦争のむごさでした。果たして、祖父の死の謎は解けるのでしょうか。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「“駅の子”の闘い~語り始めた戦争孤児~」

NHKでは、この3年間、路上生活を経験した孤児への聞き取りや、資料発掘を進めてきた。子どもたちが餓死していく日常、生きるために盗みや売春をせざるをえない子どももいた。孤児たちが訴えるのが、国や大人たちから「見捨てられた」という思いだ。「汚い」とさげすまれ、やさしい言葉をかけてくれる大人はいなかった。「戦争が終わってから本当の闘いが始まった」という孤児たち。知られざる「駅の子」の実像に迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「船乗りたちの戦争~海に消えた6万人の命~」

太平洋戦争で、民間の船乗りが6万人も犠牲になっているのを知っていますか? 軍の命令で、最前線に武器や兵士を運んでいたのは、民間の客船や貨物船だった。十分な護衛もなく、アメリカ軍の潜水艦に沈められていった。南方の激戦地では、島に敵前上陸した船員が餓死。また、多くの漁師が敵を海上で監視する任務にかり出され、命を落としていた。奇跡的に生還した人々を訪ね、船乗りの知られざる悲劇に迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「ねぶた2018 父と娘の挑戦」

北国の一瞬の夏を彩る「青森ねぶた祭」。勇壮華麗なねぶたを作る「ねぶた師」たちは、賞の獲得を目指し、毎年、しのぎを削る。注目は、2017年、最高賞を受賞した史上初の女性ねぶた師、北村麻子(35)。2018年は葛飾北斎をテーマに連覇に挑む。立ちはだかるのが、師匠にして父、そして名人の称号を持つ北村隆(70)。伝統を進化させようと新たなねぶた作りに挑む親子。競い合い支え合う父と娘の1年を見つめた。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「知床 シャチ 謎の大集団を追え」

世界自然遺産・北海道知床。この海には毎年春から夏にかけてたくさんのシャチがやってくる。しかし生態は謎に包まれたままだ。その謎に迫ろうと、研究者とともに高精細ドローンや深海用特殊カメラを駆使し、知床に現れるシャチを追った。すると世界的にも極めて珍しい百頭の大集団に遭遇! 見えてきたのは高度な知能を持ち家族と慈しみ合いながら生きるシャチたちの姿だった。知床の海にやってくるシャチの知られざる生態に迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「見えないものが見える川~奇跡の清流 銚子川~」

三重県南部に「見えないものが見える川」と呼ばれる清流がある。源流から河口まで完璧に透き通る銚子川。その透明な水ゆえに、普通の川では見られない不思議な光景や生き物たちのドラマを見ることができる。淡水と海水がつくる蜃気楼(しんきろう)のような境界。絶滅危惧種ニホンウナギの素顔。透明度のカギを握る“地下の川”からは新種の生物も発見。奇跡の清流、銚子川。本来の自然のままの川とはどんなものか、明らかにする。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「アウラ 未知のイゾラド 最後のひとり」

30年前、アマゾンの深い森からこつ然と現れた素っ裸の2人の男。ブラジル政府はアウレとアウラと名付け保護した。だが2人の言葉は未知の言語で、誰一人理解できなかった。ある言語学者が周りのものを一つ一つ指しながら30年かけて800の単語の意味を探り当てた。やがてアウレが死亡。最後の一人となったアウラの調査を続ける中で、彼が、自分たちの部族に起きた「死」について語っていることが、明らかになっていく…。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「サグラダ・ファミリア 天才ガウディの謎に挑む」

天才建築家ガウディの傑作にして未完の世界遺産・サグラダファミリア。ついに2018年、最大のシンボル・イエスの塔の建設が始まった。完成すると世界で一番高い教会となる。しかしガウディの資料は内戦で消失。塔の構想は謎だった。番組では、その謎に挑む教会の芸術工房監督・外尾悦郎さんに密着。さらに特別許可を得て、教会を4K高精細カメラとドローンで撮影した。極上のエンターテインメントと歴史ミステリー。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「命をめぐる決断~災害多発時代 神戸からの問いかけ~」

“災害多発時代”。いま各地の消防で、助ける人に「優先順位」をつける動きが広がっている。その原点は24年前の阪神・淡路大震災。発災直後、神戸市の消防に救助要請が殺到。独自に入手した活動記録や証言から、生存の可能性が高い現場を優先した隊員ほど多くの命を救っていたことが分かった。一方で、市民の理解をどう得るかという課題も。一人でも多くの命を救うため、SNSや人工知能を救助活動にいかす取り組みも始まった。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「ベイリーとゆいちゃん」

日本最初の「大病院専属セラピー犬」のベイリー。そのベイリーに支えられながら、重い病と決別する大手術を受ける少女、ゆいちゃんの日々。犬が大好きなあなた、必見! 許諾が得られなかったため、一部映像を編集して配信します。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「朝鮮戦争 秘録~知られざる権力者の攻防~」

2回目の米朝首脳会談の焦点の一つとなる朝鮮戦争の終結。1953年に休戦協定が結ばれたが、依然として“戦争状態”が続く朝鮮半島。アメリカ、ソ連、中国といった大国の思惑が複雑に絡み合った戦争は、なぜ始まり、なぜ終結できずにいるのか。NHKは、その謎を解く手がかりとなる秘密文書を入手。見えてきたのは、当時の権力者たちの野望や謀略が戦争を泥沼化させていく軌跡だった。朝鮮戦争の知られざる歴史をひもとく。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「“黒い津波”知られざる実像」

東日本大震災の津波を、多くの人たちが“黒い津波”だったと語っている。巨大津波が湾に進入すると、海底をえぐりとって大量の土砂、ヘドロを巻き上げ、黒くなっていたことが最新の研究でわかってきた。当時のまま保管されている黒い海水を専門家が分析したところ、透明な海水だった場合に比べ、破壊力が強くなり、人々の命を奪っていった実態が明らかになった。黒い津波の脅威を初めて伝える。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「崖っぷちでもがんばっぺ~おかみと社長の奮闘記~」

岩手県釜石の浜辺にある旅館おかみの岩崎昭子さん。津波をかぶり九死に一生を得た。震災の1年後に国からの補助金で旅館を再建。直後はボランティアなどで宿はにぎわったが、8年たった今、客足が遠のき始めている。そして今、猶予されていた補助金の返済も迫る。宿の改革に挑むが壁が立ちふさがる。また水産加工会社社長の挑戦の裏に隠された亡き家族への思い。泣き、笑い、苦悩しながら奮闘するおかみと社長の密着ドキュメント。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「“震災タイムカプセル” 拝啓 二十歳の自分へ」

東日本大震災の津波で大きな被害を受けた岩手県山田町。震災直後の3月下旬、大沢小学校を卒業したばかりの6年生29人が「二十歳の自分へ」宛てた手紙をタイムカプセルに入れ、校庭の片すみに埋めた。1月、成人式を迎えた彼らはカプセルを掘り起こし、手紙と再会した。二十歳という人生の選択の時を迎えた彼らは、8年の時を越え届いた自分からのエールをどう受け止めるのか。震災後歩んだ日々と、二十歳の今を見つめる。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「“隠れ脂肪肝”が危ない」

肝臓に過剰な脂肪がたまる脂肪肝。「血液検査の肝機能の値は正常だが脂肪肝」という“隠れ脂肪肝”の人が大勢いることが分かってきた。最新機器で、健康診断では問題がない成人50名を測定したところ、なんと約3割に“隠れ脂肪肝”を発見!さらに最新の研究で、脂肪肝は肝硬変や肝臓がんといった肝臓の病気のみならず、他臓器のがん、脳卒中、心臓病など、全身の病を招く危険性が見えてきた。放置すると怖い脂肪肝、対策に迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「日本人と天皇」

私たち日本人にとって天皇とは何か。歴史をひもときながら考える。皇位継承に伴う一世に一度の儀式「大嘗祭」。その内容は長くベールに包まれてきた。私たちは徹底取材を元に「大嘗祭」を再現。天皇と神々との関係に迫る。さらに、皇位継承を男系に限るという伝統についても取り上げる。これまでの議論を発掘資料やスクープ証言を交えて検証。新時代、主権者の私たちはこの問題にどう向き合えばよいか。そのヒントを探っていく。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「平成 最後の晩餐~日本人と“食”の30年~」

平成元年に始まったNHKスペシャル。3056本目となる平成最後のNスペは、「食」を通してこの30年を振り返る。デフレ時代の国民食となった「牛丼」。国際的な漁獲競争が加速した「マグロ」。外国人旅行者が急増するなかで再評価が進んだ「和食」。Nスペが記録してきた映像に、食をめぐる最新の動きも織り交ぜながら、新時代の暮らしを展望していく。多彩なゲストとおくる。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「寝たきりからの復活~密着!驚異の“再生医療”~」

病気やけがで損傷した臓器などを、元のようによみがえらせようという「再生医療」。脊髄損傷の重症患者を対象に、ついに実用化された。治療には、患者自身の骨髄から取り出した「間葉系幹細胞」を使う。培養して増やし、点滴で患者の体に戻すと、傷ついた神経が再生されていくという。寝たきりや車いす生活を覚悟していた患者が、つえなしで歩き、車を運転できるまで回復する事例も現れている。次世代医療の誕生の瞬間を見つめる。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「彼女は安楽死を選んだ」

2018年、一人の日本人女性が、スイスで安楽死を行った。女性は重い神経難病を患い、自分らしさを保ったまま亡くなりたいと願っていた。患者の死期を積極的に早める安楽死は日本では認められていない。そんな中で、民間の安楽死団体が海外からも希望者を受け入れているスイスで安楽死することを希望する日本人が出始めている。この死を選んだ女性と彼女の選択と向き合い続けた家族の姿は、私たちに何を問いかけるのか見つめる。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「天安門事件 運命を決めた50日」

中国政府の発表で「動乱で319人が死亡」とされている30年前の天安門事件。市民を、なぜ、どのように武力で鎮圧したのか、詳細はわからないままだ。今回、その真相に迫ろうと、中国や世界各地に当事者を訪ね、新たな史料を発掘した。見えてきたのは、周到に配置されていた軍の姿や、政権内部の権力闘争の一端だった。中国の運命を決めた50日間を再検証し、数々の事件の謎に迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「モネ 睡蓮~よみがえる“奇跡の一枚”~」

2016年、ルーブル美術館の収蔵庫で半分がちぎれ、ボロボロの状態の「睡蓮・柳の反映」が見つかった。クロード・モネの集大成といわれ、長年行方知らずだった「幻の名画」だ。持ち主は日本人実業家の松方幸次郎。100年ぶりに日本に返され、国立西洋美術館で絵をよみがえらせる1年がかりのプロジェクトが始まった。人の手による作業と人工知能・AIを駆使した総力戦に密着する。語りは俳優・木村文乃さん。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「誰があなたの命を守るのか“温暖化型豪雨”の衝撃」

200人以上の犠牲者を出した平成最悪の豪雨災害「西日本豪雨」。国や自治体の大規模調査、研究機関の最新研究から、その全貌が浮かび上がってきた。明らかになったのは「温暖化型」ともいうべき、新たな局面に突入した豪雨災害の脅威。全国のあらゆる地域が、西日本豪雨の被災地と同様の浸水リスクにさらされていることがわかったのだ。かつて経験したことのない豪雨からどう命を守るのか、最前線からの報告。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「夢をつかみにきたけれど ルポ・外国人労働者150万人時代」

東京港区にある浄土宗寺院「日新窟」。ベトナム人僧侶タムチーのもとには、母国からやってきた技能実習生や留学生などからさまざまな相談が寄せられる。さらに、日本で命を落としたベトナム人の供養の依頼も。これまでに荼毘(だび)に付した遺体は100体を超える。番組では「日新窟」にカメラを据え、ドキュメント。国が、改正入管法の施行によって、さらなる外国人労働者の受け入れ拡大を目指す今、彼らのリアルな現実を描く。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「香川照之の昆虫“やばいぜ!”」

カマキリ先生(俳優・香川照之さん)が虫を求めて野原をかけ回り、ほとばしる昆虫愛を語る「香川照之の昆虫すごいぜ!」が、Nスペに進出。昆虫王国・コスタリカで魅惑の昆虫たちに大興奮するも、人間による開発や温暖化による異変が忍び寄っていることを知る。昆虫と私たち人類に待ちける未来とは? 最新研究を織り交ぜながら、カマキリ先生とともに昆虫に驚嘆し、胸をあつくしながら、大いに学べる時間をお届けする。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「“ヒロシマの声”がきこえますか~生まれ変わった原爆資料館~」

2019年4月、広島の原爆資料館が、戦後最大のリニューアルを行った。遺品や資料に「持ち主のエピソード」や、「残された家族の思い」を記して展示。被爆者が高齢化する中、遺品や資料に、被爆者の思いを語ってもらおうとしている。遺品に秘められた物語を取材。野球選手にあこがれた少年の半袖シャツが語る「あの日の惨状」。息子の革ベルトに込められた「母の悲しみ」をたどることで、被爆者のメッセージに迫っていく。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「激闘ガダルカナル 悲劇の指揮官」

「地獄の戦場」ガダルカナル。陸軍精鋭部隊916名が1万を超える米軍に戦いを挑み、全滅した。指揮官の一木清直大佐は、無謀な作戦で、部下の命を奪ったとして非難を浴びてきた。果たしてそれは真実なのか?新発見の戦闘記録から、知られざる激戦をCGとドラマで復元。10倍の敵がいるとは知らず、死のわなに追い込まれた兵士たち。予期せぬ大敗北の裏には、陸海軍の対立があった。部隊全滅の責任を負った指揮官の悲劇に迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「かくて“自由”は死せり~ある新聞と戦争への道~」

戦前最大の右派メディアが見つかった。時の司法大臣・小川平吉が、1925年に創刊した「日本新聞」である。新聞が発行されていた11年間は、日本が「大正デモクラシー」から急速に「軍国主義」に傾斜していった時代だった。なぜ日本人は、一度は手にしていたはずの「自由」を手放し、「戦争への道」を進んだのか。「日本新聞」を手がかりに、見つめていく。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「全貌 二・二六事件~最高機密文書で迫る~」

私たちが知る歴史は、一断面に過ぎなかった―。NHKは「2・26事件」の一部始終を記した「最高機密文書」を発掘した。1936年2月、重要閣僚らが襲撃された近代日本最大の軍事クーデター。最高機密文書には、天皇の知られざる発言や、青年将校らと鎮圧軍の未知の会談、内戦直前だった陸海軍の動きの詳細など、驚くべき新事実の数々が記されていた。事件後、軍国主義を強め戦争に突入した日本。事件の「衝撃の全貌」に迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「昭和天皇は何を語ったのか~初公開・秘録“拝謁記”~」

占領の時代、昭和天皇のそばにあった初代宮内庁長官の新資料が公開された。1949(昭和24)年から、昭和天皇の言葉が克明に記されていた。注目されるのが戦争責任。敗戦の道義的責任を感じていた昭和天皇は、当初退位も考えていた。さらに1952年の独立記念式典の「おことば」で戦争への反省を述べようとする。しかし、最終的に戦争の経緯は削除された。なぜか―。天皇と長官の対話を忠実に再現、象徴天皇の出発点に迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「巨大都市 大停電 ~“ブラックアウト”にどう備える~」

北海道のほぼ全域が停電したブラックアウトは、日本初の事態だった。東京・大阪・名古屋などの巨大都市でもブラックアウトは起きるのか?巨大都市を襲う大停電の現実とは? ▼首都直下地震を生き延びた家族を襲う大停電の想定ドラマ。医療現場で何が? ▼北海道大停電の独自映像。連鎖する想定外の被害。長期化する被害 ▼最新の停電対策とは?停電対策・防災に役立つ情報が満載

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「大廃業時代~会社を看取(みと)るおくりびと~」

中小企業の廃業が年間4万件を超える「大廃業時代」。中には、取引先や金融機関に借金が残り、地域経済にも悪影響をもたらしてしまうケースも少なくない。こうした中、経営者に寄り添って会社の最後を看取(みと)る「会社のおくりびと」と呼ばれる専門家まで登場。会社を円満な死に導き、人や地域に余力を残して未来へつなぐ試みが始まっている。大廃業時代をどう生き抜くのか、現場ルポと専門家の提言から解決への処方箋を探る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「巨大台風 “流域型洪水”の衝撃」

50以上の河川が決壊するなど、東日本の広い範囲に甚大な被害をもたらした台風19号。現場ではいったい何が起きていたのか、そして、これほどの災害がなぜ起きたのか…。取材から明らかになってきたのは、広域に、大量に降る雨に対応することの難しさ、そして、新たなフェーズに入った台風の脅威だ。台風19号の被害から学ぶべき教訓をくみ取り、今後、台風災害にどう備えればよいのか考える。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「天皇が創った至宝~正倉院宝物が伝える“日本誕生”~」

1300年前の輝きを今に伝える正倉院宝物。シルクロードから伝わってきたと考えられてきたが、最近の研究で、その多くが日本でつくられていた事がわかってきた。なぜ、これほど多くの宝物が日本で作られたのか? そこには時の天皇、聖武天皇が宝物を使って日本という国を生まれ変わらせるという大胆な策略があった。正倉院宝物が語る“日本誕生”の壮大な歴史ドラマ。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「ボクの自学ノート~7年間の小さな大冒険~」

リリー・フランキーや最相葉月が称賛する中3男子の作文がひそかな話題を呼んでいる。2018年「子どもノンフィクション文学賞」で大賞に輝いた北九州市在住の梅田明日佳君の作文だ。なぜ彼は「自学」を人知れず続けたのか?彼に起きた数々の奇跡とは?地域の大人との交流を通して成長した7年間の軌跡を彼の「自学ノート」からひもとく。2019年5月にBS1スペシャルで放送され、大反響を呼んだ番組をNHKスペシャルで。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 証言ドキュメント 永田町・権力の興亡 「最長政権 その光と影」

憲政史上最長の在任期間を更新する安倍首相。内閣支持率はいまも高い水準を維持するが、この7年、「支持」と「不支持」が逆転、政権が揺らぎかねない危機が3度あった。2015年の安保法、2017年の衆議院解散・総選挙、そして2018年の財務省決裁文書の改ざんだ。そのとき政府与党の幹部は何を感じ、どう動いたのか?対する野党は?新たな証言で知られざる攻防の内幕に迫り、最長政権が日本に何をもたらしたのかを探る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「認知症の第一人者が認知症になった」

自ら認知症であるという事実を公表した医師がいる。認知症医療の第一人者、長谷川和夫さん(90)。「長谷川式」と呼ばれる早期診断の検査指標を開発、「痴ほう」という呼称を「認知症」に変えることを提唱するなど、人生を認知症医療にささげてきた。認知症専門医が認知症になったという現実をどう受け入れ、何に気づくのか。誰もが認知症になりうる時代。長谷川さんの姿を通して認知症を生き抜くための手がかりや希望をつむぐ。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「アイアンロード~知られざる古代文明の道~」

あのシルクロードより古い「文明の道」が、姿を現している。西アジアから日本列島まで、各地に「鉄」を伝えたこの道は、研究者によって「アイアンロード」と名づけられた。舞台となるのは、ユーラシア大陸の大草原や山岳地帯など、人影もまばらな、辺境の地。発掘調査から、エジプトやギリシャなどメインストリームの古代文明とは異なる、「未知の世界史」が浮かび上がっている。江口洋介さんをナビゲーターに、壮大な物語を描く。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 阪神・淡路大震災25年 「あの日から25年 大震災の子どもたち」

神戸出身の俳優・北川景子が阪神・淡路大震災の被災体験を告白。社会心理学の専門家と当時の小中学生600人に大規模調査。専門家も驚く結果が明らかに。家族を失うなど大きな被害を受けた人でも、6割近くが今は震災体験を「前向き」にとらえていると答えた。前向きに転じるカギとして「先生」や「近所の大人」など家族以外の「周囲の大人」の存在が浮かび上がってきた。神戸から全国の被災地へ新たな教訓を伝える。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「追跡!“ファーウェイ ショック”~5G米中攻防の最前線~」

▼次世代の通信規格「5G」を制するのは誰か?▼知られざるファーウェイの技術と世界戦略▼排除を求めるアメリカの狙い▼経済か?安全保障か?揺れる各国の選択に密着! 許諾が得られなかったため、一部映像を編集して配信します。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「車中の人々 駐車場の片隅で」

長期にわたる車中での生活の果てに、亡くなった人がいるという事例をきっかけに、全国の道の駅を取材。すると、さまざまな事情を抱え、いやおうなく車で暮らさざるを得なくなった“車中生活者”が、数多くいることが明らかになった。経済的な困窮、住む家を失った、家庭の問題、人間関係の挫折…。誰にも知られることなく、駐車場の片隅で生きる人々に密着取材。ひとりひとりの人生から見えてきた「現代社会」の姿とは―。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「巨大地下空間 龍の巣に挑む」

中国貴州省の巨大洞窟群に「龍(りゅう)の巣」と畏れられてきた場所、「世界最大の地下空間」がある。地域に暮らすミャオ族からは、「龍の巣」と呼ばれ、「そこは、冥界。決して入ってはならない」とされてきた。2年にわたる交渉の末、中国政府から撮影の許可を得た。内部をくまなく調査、謎に包まれた「ミャオティン」の全貌と誕生の秘密を解き明かしていく。待ち受けていたのは、想像を絶する驚異の世界だった…。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「令和未来会議 2020“開国論”」

令和の日本が避けて通れないテーマについて新しいシステムを使った言論空間で語り尽くす「令和未来会議」。テーマは外国人との共生だ。日本は「単純労働者は原則受け入れない」としているが、すでに166万人の外国人が日本を訪れ、現場ではさまざまな仕事を担っている。深刻な人手不足の中、私たちは外国人をどこまで受け入れ、どのような“共生社会”をつくっていくのか。当事者40人と専門家が徹底討論し未来への一歩を探る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 東日本大震災 「40m巨大津波の謎に迫る」

東日本大震災から9年、解けなかった大きな謎がある。岩手県北部で高さ40m近くにまで達した津波だ。揺れの大きさに比べ異様に高い巨大な津波となり、津波への備えを強化していた町に被害を与えていた。最新科学が解明した、謎の巨大津波の正体とは? 見えてきたのは、従来の技術ではとらえることが難しく、突然襲う「サイレント津波」という新たな脅威の姿だった。映像と証言からあの日の津波の実像に迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「40人の死は問いかける~大槌町“役場被災”の真実~」

東日本大震災で町役場の庁舎が津波にのまれ、町長を含む40人、町職員のおよそ2割が犠牲となった岩手県大槌町。発災から津波到来までのおよそ35分間、職員たちはなぜ逃げずに庁舎にとどまったのか。そこでどんな判断をしたのか、多くが口をつぐんできた。長期間の交渉を経て、生き残った幹部職員たちが重い口を開き始めた。30人を超える職員への取材をもとにあの日の真実に迫る。40人の死が今私たちに問いかけるものとは?

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「“復興ハイウェー”変貌する被災地」

津波に襲われた東北の沿岸部。一部地域を除き人口流出は著しい。そこに八戸から仙台までつながる復興道路の建設が始まった。常磐道を通り福島までつなぐと530kmの“復興ハイウェー”が現れる。陸の孤島だった沿岸の移動時間を縮め、人・モノ・カネの流れを大きく変えた。方針を大きく転換させた町作り戦略、激化する地元企業の生存競争、人の戻らない原発の町で地価高騰…。高速道路を行き、変貌を遂げる被災地を見つめる。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「“奇跡”の子と呼ばれて~釜石 震災9年~」

東日本大震災、岩手釜石の小中学生は自主避難で助かり「釜石の奇跡」とたたえられた。しかし家族や友を亡くす悲劇もあった。奇跡と悲劇の間で苦しんできた彼らの震災9年。 許諾が得られなかったため、一部映像を編集して配信します。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「メルトダウンZERO 原発事故は防げなかったのか~見過ごされた“分岐点”~」

史上最悪レベルの原発事故に至るまでの数年間の道のりを検証する。浮かび上がってきたのは複数の重大な「分岐点」だ。当時新たな知見が出ていた巨大津波をめぐって、規制当局、電力会社、研究機関、地元自治体などの間で行われていた詳細なやりとりが分かってきた。具体的な津波対策を実施することはできなかったのか? 原発の安全審査に関わっていた中心的人物などのインタビューを交えて描く。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「ヒグマと老漁師~世界遺産・知床を生きる~」

世界自然遺産・知床の海で、サケやマスをとってきた漁師の大瀬初三郎(おおせ・はつさぶろう)さん84歳。ヒグマが近づいてくると「こら!来るな!」と大声で叱りつける。すると、ヒグマは静かに去って行く。この半世紀、襲われてケガをしたことは一度もない。2019年、ユネスコの委託を受けた調査団が知床を訪問。漁で使ってきた道路や橋を撤去するよう求めてきた。途方に暮れた大瀬さん。そのとき、不思議なことが起きた…。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「“わたしをあきらめない” ~5年1組 子どもたちと先生の一年~」

5年1組の担任になったのは渡邉信二先生(52)とにかく熱くて涙もろい。かつて川崎市でいじめ自死事件が起きた際、教育委員会で事件の調査報告を担当。その経験から「二度と子どもを死なせない」ことを誓った。しかし子どもたちと向き合う日々は困難の連続。クラスには多様な出自をもつ子どもたちがいる。真剣に向き合っても、どこからともなく『いじめの芽』が吹き出してくる。熱血先生と子どもたち、一年間の真剣勝負の記録。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「世界同時ドキュメント 私たちの闘い」

NHKでは、世界各都市の20人以上にスマホによる自撮り映像の撮影を依頼した。人々を励まそうと、自宅バルコニーから歌い続けたイタリアのオペラ歌手、感染爆発したフランスの小さな町の役場職員、医療崩壊の危機にあるニューヨークを助けようと全米各地から集まる看護師たち。映像には、自分にできることを探し、この危機を食い止めようとする人々の願いがあふれている。生々しい映像から、希望と連帯のメッセージを伝える。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「令和未来会議 危機をどう乗り越えるか?コロナ時代の“仕事論”」

新型コロナウイルスとの闘いが続くなか、私たちの「仕事」はどうなっていくのか?在宅勤務やテレワークが一気に広まるなど、働き方は大きく変化。一方で、企業の休業などに伴う解雇や雇い止めなどが急増しており、雇用をどう守っていくかが深刻な問題となっている。感染対策をしながら働かなければいけないこれからの時代、私たちの仕事は、そして社会はどう変わっていくのか?さまざまな分野の専門家らがデジタル空間で徹底討論!

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「新型ウイルス“生と死”の記録~医療最前線・密着3か月~」

新型コロナウイルスと闘う集中治療の最前線などを3か月にわたって密着取材。生と死の狭間(はざま)で格闘する医師・患者・家族の知られざる日々をみつめる。治療法が確立していない中で続く試行錯誤。打つ手なく失われていった命。そして、奇跡の回復と数か月ぶりの感動の再会。一般の救急や診療が停止し、危機にさらされた地域医療。医療崩壊の瀬戸際でとどまったとされる日本で何が起きていたのか。カメラがとらえていた現実。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「沖縄 “出口なき”戦場 ~最後の1か月で何が~」

住民12万人が命を落とした沖縄戦。1945年5月末、日本軍の総司令部があった首里が陥落、事実上の勝敗が決した後にも関わらず、戦闘は継続。少なくとも住民4万6千人が命を落とした。なぜ、これほど多くの住民が犠牲になったのか。今回NHKは、アメリカ軍の新資料を発掘、苛烈な攻撃に住民が巻き込まれていった詳細が浮かび上がってきた。終わることなく続いた戦場で何がおきていたのか。多くの命が失われた1か月に迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「渡辺恒雄 戦争と政治~戦後日本の自画像~」

70年にわたり戦後政治の表と裏を目の当たりにしてきた読売新聞グループのトップ・渡辺恒雄氏、94歳。今回、映像メディアによる初めてのロングインタビューが実現した。証言から浮かび上がるのは、歴代首相の“戦争体験”が、戦後日本に与えた影響である。戦争の記憶が薄れゆく戦後75年目の日本。戦後日本が戦争とのどのような距離感の中で形づくられ、現在に何をもたらしているのか。渡辺氏の独占告白から立体的にひもとく。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「忘れられた戦後補償」

国家総動員体制で遂行された日本の戦争。310万の日本人が命を落としたが、そのうち80万はさまざまな形で戦争への協力を求められた民間人だった。しかし、これまで国は民間被害者への補償を避け続けてきた。一方、戦前、軍事同盟を結んでいたドイツやイタリアは、軍人と民間人を区別することなく補償の対象とする政策を選択してきた。国家が遂行した戦争の責任とは何なのか。膨大な資料と当事者の証言から検証する。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「アウシュビッツ 死者たちの告白」

第二次世界大戦中、ユダヤ人大量虐殺が行われたアウシュビッツ強制収容所。ガス室跡の地中から“謎のメモ”が見つかった。最新技術で解読したところ、書いたのは同胞をガス室へ誘導する役割や死体処理などを担ったユダヤ人特殊部隊「ゾンダーコマンド」のメンバーだったことがわかった。人類史上類を見ない大量虐殺の陰で“裏切り者”と呼ばれた男たち。密室の中で何が行われていたのか。75年の時を超え、よみがえる真実に迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「“最強”台風接近 どう守る 命と暮らし」

未経験の台風や豪雨に見舞われ続けるなか、洪水が起きる場所や被害を事前に予測するシステムの開発が進み、活用する自治体も出始めた。一方、堤防やダムなど従来の対策では太刀打ちできないとして、国は、川だけでなく流域全体で水を受け止める「流域治水」を打ち出した。川があふれることを前提とした治水の効果と課題とは。温暖化、気候変動…。雨の降り方が変わったといわれる今、私たちに求められる対策を考える。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「オランウータン いのちの学校」

東南アジアのジャングルに生息し絶滅の危機にあるオランウータン。森林破壊や密猟などで親を奪われた孤児たちを保護し、野生復帰に向けて育てる学校がある。人間が親代わりとなって、食べ物を手に入れる方法、危険から身を守る方法など、野生で生きる術をひとつひとつ教えていく。人間が奪ってしまった未来を人間の手で取り戻そうと、悪戦苦闘する人とオランウータン。その成長を、森へかえる日まで見つめ続けた貴重な記録。

ChromeCast対応

NHKスペシャル ミラクルボディー「驚異の人体“超適応”車いすレーサー タチアナ・マクファーデン」

人間はどこまで“進化”するのか。米の車いすアスリート、マクファーデン。短距離からマラソンまで世界を制覇した身体能力の秘密に科学で迫る。東京大会で見られるか!? 許諾が得られなかったため、一部映像・音声を編集して配信します。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 令和未来会議 「新型コロナの不安 どう向き合う?」

旅行や観光に出かける人が増えるなど、新型コロナに対する警戒感は一部では徐々に薄れてきている。しかしいまだ正体不明のウイルスに不安を感じ続ける人も少なくない。私たちはコロナをどこまで怖がればいいのか?また経済へのダメージが深刻化する中、感染防止と経済活動のバランスをどう取っていけばいいのか?さまざまな立場の人たちがスタジオに集い、コロナ禍の社会に広がるさまざまな不安とどう向き合うか、徹底討論する。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「香港 激動の記録~市民と“自由”の行方~」

2020年6月末、反政府的な動きを取り締まる国家安全維持法が施行された香港。「一国二制度」の下、言論の自由が認められてきた香港で今、何が起きているのか。入手した映像から見えてくるのは、当局による市民の抗議活動や言論機関への締め付けの強化。デモはかつての勢いを失い、諦めの空気も広がっていた。一方、中国との“一体化”が加速する現実を進んで受け入れようとする市民も現れ始めていた。揺れる市民の実像に迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「筒美京平からの贈りもの 天才作曲家の素顔」

「木綿のハンカチーフ」「ブルー・ライト・ヨコハマ」「また逢う日まで」…。さん然と輝く名曲を生み続けた作曲家の筒美京平さんが、80歳で亡くなった。名曲の数々はいかにして生まれたのか。NHKに残されていた筒美さんの貴重なインタビュー録音、長年タッグを組んだ盟友で作詞家の松本隆さんをはじめ、近藤真彦さん、ジュディ・オングさん、宮本浩次さんらの独占取材から時代の心を捉え続けた楽曲の秘密に迫っていく。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「揺れるアメリカ 分断の行方」

アメリカ大統領選挙で異常事態▼共和党・民主党の支持者が各地で対立▼武装集団も▼選挙で不正!?監視の動き広がる▼政治不信が高まる若者たち▼選挙と民主主義の行方は? 許諾が得られなかったため、一部映像を編集して配信します。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「混迷 アメリカ大統領選挙」

アメリカ大統領選挙を制するのはいったい誰なのか。有権者は1票に何を託したのか。現地の最新情勢とともに、社会の分断が深まるアメリカ、世界、日本の行方を展望する。 許諾が得られなかったため、一部映像と音声を編集して配信します。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「新型コロナ 全論文解読~AIで迫る いま知りたいこと~」

欧米ではかつてない勢いで感染者が急増し大変な事態に。日本は大丈夫なのか?ワクチンや薬はいつどのようにコロナ禍に終止符を打ってくれるのか?NHKが開発した、コロナ関連の全論文を学習した人工知能AIを使い、今後の予測のカギを握る世界の研究成果を徹底解読。AIがよりすぐったトップ研究者たちの見解も交え、今知るべき真実にとことん迫る。ナビゲーターは爆笑問題の二人。科学の「集合知」が指し示す日本の未来とは?

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「激闘 シャチ対シロナガスクジラ~巨大生物集う謎の海域~」

海の最強ハンター・シャチが地球最大の動物シロナガスクジラを襲う。衝撃的な狩りの瞬間を世界で初めて撮影した。場所は、オーストラリア南西部の沖合。最近発見されたばかりの「謎の海域」と呼ばれる場所だ。夏、直径1kmほどの狭いエリアに、マッコウクジラや海のギャング・ゴンドウクジラの大群など巨大生物が続々と集まってくる。さらに、深海には、あのダイオウイカの姿も!なぜこの場所で大集結が起きるのか?謎に迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「アジア“国境の海”で何が~米中対立のはざまで~」

2020年11月、尖閣諸島沖の接続水域を中国当局の船が航行する日数は過去最多を更新。日本の“海の国境警備”は難しい対応が続く。アジアの海でいま何が起きているのか? 3月末南シナ海を航行していたアメリカの空母で新型コロナの集団感染が発生し活動停止に。米中の軍事演習が行われるなど海の緊張は高まってきた。私たちは米中の軍事関係者や専門家にインタビュー。さらに海上保安庁の活動に独自取材で迫ることにした。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「三島由紀夫 50年目の“青年論”」

没後50年となる作家・三島由紀夫。『命売ります』のヒットなど、今も世代を超えて注目を集めている。その生きざまからは、「天才作家」という一面に加え、劣等感や嫉妬など「弱い人間」としての一面も。同級生が語る幼い頃の姿、美輪明宏さんが語る素顔、ノーベル賞をめぐる知られざる確執、そして、晩年の東大全共闘との対話で語った一言など…三島を身近に見てきた人たちの証言から知られざる素顔に迫る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「コロナ危機 女性にいま何が」

コロナ禍で女性の雇用や暮らしへの打撃が深刻だ。番組で調査を行ったところ、解雇や雇い止めなど女性の4人に1人に大きな影響が出ていることがわかった。妻の収入が減り、公共料金、家や車のローンが支払えないという家庭も。世帯収入の中で女性の稼ぎは3割を占める中、女性の雇用が打撃を受けたことで“中間層”全体がきしみ始めている可能性が見えてきた。現場のルポと独自調査をもとに“女性不況”の実態を伝える。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「新型コロナ“第3波” 危機は乗り切れるのか」

新型コロナウイルス感染拡大の“第3波”に直面した日本。連日、各地で新規感染者や重症者が過去最多を更新。国の新型コロナ感染症分科会の尾身茂会長は「個人の努力に頼るステージは過ぎた」と強い危機感を示した。番組では、年末年始に向けた最新の感染予測を踏まえつつ、東京・大阪・北海道など医療や保健福祉体制の実態を報告。最新研究「行動制限分析」などから危機回避の糸口を探る。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「患者が“命を終えたい”と言ったとき」

2020年、ALSを患う女性がSNSで知り合った医師に自らの殺害を依頼し薬物の投与を受けて亡くなるという事件が明るみになった。「苦しむ姿を見せたくない」「延命して家族に負担をかけたくない」―そうした患者の訴えに医師たちは今どう向き合っているのか。がんの終末期やALSなど神経難病の現場ではどこまで患者の希望に寄り添うべきか、どんな言葉をかければいいのか、医師たちが模索している。命をめぐる葛藤の記録。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「謎の感染拡大~新型ウイルスの起源を追う~」

追跡!新型ウイルス発生起源の謎▼いつ?どこで?どう広がったのか?▼世界の論文・SNS・移動情報などオープンソースを使って徹底調査▼これまでの定説が覆る可能性が! 許諾が得られなかったため、一部映像を編集して配信します。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「巨大地震と“未治療死” ~阪神・淡路から26年 災害医療はいま~」

新型コロナの時代に巨大地震が起きたら、救えるはずの命すら守れない事態が起きる-。専門家による最新研究の結果、コロナ禍で医療がひっ迫した状態で巨大地震に見舞われると、必要な治療を受けられずに亡くなる「未治療死」が続出、国の想定を超える死者が出る恐れがあることが明らかに。災害医療の原点となった阪神・淡路大震災から26年。あの日起きた医療崩壊の教訓を踏まえ、巨大災害への備えを進める最前線の現場を追う。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「わたしたちの“目”が危ない 超近視時代サバイバル」

私たちの目がかつてないほどの危機に陥っている。子供たちの近視が深刻化しているうえに大人になっても近視が進行するという報告が相次いでいるのだ。最新研究から、近視は白内障や緑内障など、目の病気のリスクを高めるだけではなく、うつや認知症など、目と直接関係なさそうな病気とも相関があることも明らかになってきた。どうやって目を守っていけばいいのか?実態に迫ると共に、「すぐにできる」対策法も示していく。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「“夜の街”で生きる~歌舞伎町 試練の冬~」

コロナ第3波に揺れる日本。感染者の急増で医療崩壊が叫ばれる一方、倒産や失業が相次ぎ、自殺者も急増している。これ以上の感染拡大はなんとしても食い止めねばならない。だが、経済がこれ以上痛めば、人々の暮らしが押しつぶされる。どちらも“生命”に関わる問題。果たして試練の冬を乗り越えられるか…。世界中の国々が突きつけられている容易に答えの見いだせないこの命題を、新宿・歌舞伎町の人々の苦闘を通して見つめる。

ChromeCast対応

【無料】Nスペ5min. 「パンデミック 激動の世界(8) 音楽&スポーツ」

NHKスペシャルの魅力を5分間に凝縮した「Nスペ5min.」。今回は『パンデミック 激動の世界(8) 音楽&スポーツ 熱狂なき空間』のダイジェストを紹介する。 この番組の視聴可能期限は2021年3月6日までとなります。ご了承ください。

ChromeCast対応

NHKスペシャル 「終わりなき闘い~新型コロナ 第3波の教訓~」

いまこそ第3波の「感染爆発」を教訓とし、今後に備える必要がある。自宅療養を強いられる人への訪問診療や、後遺症とみられる症状に悩む人を支える取り組みが開始。第3波では、感染減少局面でも高齢者施設でクラスターが発生。病院に十分な空きがなく入院が進まないなかでの対策は。外出自粛や時短要請で落ち込んだ経済への対策は。そして始まったワクチン接種。医療従事者、高齢者、一般への接種の見通しと課題は?

ChromeCast対応

【無料】Nスペ5min. 特別編 「津波」

東日本大震災から10年。これまで数々のNHKスペシャルで伝えてきた未曽有の巨大津波の実像を、決して忘れてはならない「命を守る教訓」として5分に凝縮する特別番組。 この番組の視聴可能期限は2021年3月13日までとなります。ご了承ください。

ChromeCast対応

オススメの無料動画配信サイト

業界最大手のU-NEXT

見逃し動画、最新配信に最適U-NEXT

無料お試し31日間&最新作最速配信で見たい方はU-NEXT

定額
2,189 /月~
31日間無料
U-NEXTで今すぐ観る!

選べる放題プランのTSUTAYA DISCAS

見逃し配信に最適。選べる放題プランのTSUTAYA DISCAS

ネットレンタル&動画配信が使い放題のTSUTAYA DISCAS

定額
1,026 /月~
30日間無料
TSUTAYA DISCASで今すぐ観る!

映画・ドラマ・アニメに特化のd'TV

映画・ドラマ・アニメ特化の低コスト、見逃し動画を探すならd'TV

お試し31日間&映画・ドラマ・アニメに特化したコスパ最高d'TV

定額
550 /月~
31日間無料
d'TVで今すぐ観る!

Twitterの口コミとネタバレ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です